--.--.-- (--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.07 (Wed)23:05

脂肪腫

ナイトは9歳ぐらいの時から身体に脂肪腫ができるようになった。2センチぐらいの小さいのが脇腹や脇の下に幾つかあり、それは数年経った今でも小さいまま。脂肪の塊なので、そのまま大きくならなければ特に問題はなく、老犬になるとできる子が多いらしい。実際に同い年ぐらいの大型犬のお友だちも、同じような脂肪腫が背中や身体のどこかにある子もいる。

問題は良性でも大きくなってしまう脂肪腫..

実は2008年の暮れに脂肪腫を2つとる手術を1度受けたことがある。1つは脇の下にある直径6.5センチのもの。もう1つは目の下にできた直径3センチ程のもの。手術を決めたのは、この目の下の脂肪腫ができたため。そのまま大きくなってしまうと、涙腺を圧迫して、涙が止まらなくなったり、何らかの影響がでる恐れがあったから。

周りの人の中には「10歳近くなのによく全身麻酔させるね」と言う人もいた。確かに悩んだけど、大きくなり過ぎて今度は手術ができなくなってしまったらナイトが可哀想だと思った。とってスッキリできるのであれば、と思って、先生も信頼できる方なのでお願いすることに決めた。

手術当日は半日入院で、病院に泊まることなく帰ることができた。術後に脇の下の脂肪腫を見せてもらったら、平らな大福のような白い塊だった。先生がいうには、これはツルンとすぐとれたらしい。目の下のはもうちょっと手がかかったそう。ついでに歯の歯石もとってもらったので、手術は1時間ちょっとぐらいで終わったようだ。

いまはやって良かったと思う。

飼い主はみんなそれぞれ考えがある。
知人の中でも10歳前後になったら、絶対にメスは入れないと言っている人もいる。例えば、とってしまえば治るものでも、全身麻酔は可哀想だし、ワンコの負担になるから絶対にしないと言う。

実はナイトの腰の両脇にもまた脂肪腫ができてしまった..
1ヶ月に1センチのペースで大きくなっていて、今日先生に診てもらったら右側のはもう8センチ以上になっていた。切ってみないとわからないけど、もしかするとリンパ節の中にあるかも知れない。針を刺して検査したところ、脂肪分しかでてこなかったので、先生は恐らく大丈夫だろうとは以前言ってくれたけど..心配や不安はある。

もしかするとまた手術を受けるかも知れない。

痛みはないようだから、このまま様子を見ていてもいいのだけど、脂肪腫は小さくなってくれない。ここ数ヶ月、日本やアメリカのサイトで脂肪腫を小さくする方法や食事などについてずっと調べてきたけど、なかなか「これだ!」という良い方法がみつからなかった。アメリカの獣医で、「ウコン」をすすめている人はいた。一応ウコンを1ヶ月以上あげているけど、脂肪腫はそんなことはお構いなしに成長している。

手術を受けるべきか。
どうすればナイトにとって一番良いのか。本当に悩んでしまう..

先生は今日ナイトの顔をじっと見て、「どうしようか?手術するか、ナイトさん?」と本人に訊いていたけど、ナイトはじっと先生の目を見たまま。なんと答えていたんだろう?「手術はもうイヤだからいいよ」って言ってたの?それとも「邪魔だから先生とっちゃって!」って言ってたの?

とりあえず、また近いうちにゆっくり先生と相談する予定なので、それまで悩んで、またナイトに訊いてみよう。
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット


✿ welcome ✿
profile photo

2010年6月20日に11歳5ヶ月で天国へ逝ってしまった黒ラブ・ナイトのブログへようこそ。うちではみんな「ナイトさん」と呼んでます。おっとりとした泳ぐことと食べることが大好きだったナイト。背中に水玉模様の白髪がありました。これからもナイトとの思い出や犬に関しての情報、そして個人的な想いなどをここで紹介していきたいと思います。

くわしい自己紹介はこちら

✿ search ✿
✿ categories ✿
✿ recent entries ✿
✿ blog ranking ✿
ブログランキングに参加しています。クリックして頂けると嬉しいです。
↓↓ click(・∀・人)♪
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ

✿ ブロとも申請フォーム ✿

この人とブロともになる

✿ links ✿
✿ recent comments ✿
✿ monthly archives ✿
✿ QR code ✿
QR
✿ visit counter ✿
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。